ブックオフの仕入れ方法でせどりの成否が決まる!

前回の記事でせどりの仕入れは実店舗をおすすめします、と書きましたが、
ブックオフに行っても初心者には何もできないし、
時間がただ無意味に流れるだけだと思います。
また中級者以上の人にとっても何かしらツールを使わないと効率的には仕入れはできません。

つまりブックオフせどりにはツールが必要という前提になりますが、
それっていうのは結局はビームせどりになるわけですよね。
ブックオフせどりでビームなしの仕入れは真の上級者=プロがやる領域のことであって、
それ未満のレベルの人はアプリなしではキツすぎるしょう。

じゃあどんなツールやアプリがいいのか、という話ですが、
ブックオフ せどりではその場で利益計算がされてパッと仕入れるか否かの判断がつくアプリがいいでしょう。
もうブックオフでは商品の情報をバーコードでスピーディーに読み取るだけ、でいい状態がベストです。
やることは機械的である、ことがけっこう重要です。

優良なツールに関しては月額制で数千円しますので最初は手を出しにくいかもしれませんが、
それなしで完全手動で自力でやろうと思ったら時間がいくらっても足りません。
まずは時間を買う、という感覚でアプリの購入をしましょう。

仕入れのポイント

仕入れの方法として、いくつかのポイントがあります。

まずは、仕入れの形態について。

1.実店舗仕入れ

2.ネット仕入れ(電脳せどり)

の2つがあります。


これらを解説していきます。


まず、実店舗仕入れとは、古本屋やリサイクルショップに出向いて、直接商品を仕入れることです。

次に、ネット仕入れとは、インターネットを使って、Amazon内で仕入れる価値のある商品を探し、
ショッピングサイトで安く仕入れられるところを探します。


ネット仕入れが流行りだした頃は、実店舗仕入れのように足で情報を稼がなくても済むので、
仕入れの効率化が叫ばれました。


商品は通販で仕入れられるので、車なども必要無くなり、大変便利になりました。

その特徴は今も変わらないのですが、昔に比べるとネット仕入れは飽和してきたような感じがあります。


というのも、ネットでの最安値を自動収集するサイトが3つも4つも登場してきて、
ネットで仕入れられる商品が少なくなってきているのです。


ネット仕入れでお宝商品を探すのは、もはや運の要素です。
運以外の要素を期待できないので、ネット仕入れをやっていてもなんとなく楽しくありません。


そこで、実店舗仕入れです。
しかも、ネットに情報を公開していないような穴場の仕入先です。

私は、せどりの仕入れは、実店舗をおすすめします。



ブックオフのおすすめ仕入れ術!

ブックオフには、いくつか棚がありますが、その中でもおすすめの棚を紹介します。


ずばり、赤棚です!


これは何かと言うと、クリーニングされた直後の商品を収納する棚のことです。


これは、つまりこれから棚に入る前の商品なんです。



『えっ!見られるの??』と疑問に思うかもしれませんが、
店舗によっては、了承を得れば見せてもらえます。


しかし、あくまでも店舗によりますから、無断でみたり、取ったりしないようにしましょう。


しかし、本であれば背表紙が見えるので、品定めくらいなら、一言入れなくてもできそうですね。


また、実店舗仕入れのポイントは、複数店舗を何回か訪問することが大切です。


そもそも、実店舗は店舗や時期によって、入荷されているものに差が存在します。

ですから、少しの店舗を訪問したくらいでは、全く足りません。

さらに、タイミングを何回かに分けることが大切ですが、
具体的には季節の変わり目に1度訪問してみるといいかもしれません。


そして、店舗によって特性が異なります。


中高年が多く住んでいる地域では、趣味関係の雑誌が多かったり、
子供が多く住んでいる地域では、ゲーム系の雑誌や漫画が多かったりします。


値付けにも店舗ごとの特徴があるので、
そのあたりもつかみながらやりましょう。